カードローン審査に勤続年数は影響するのか?

【勤続年数が短いと審査に通らないケースもあるので注意】
カードローンの審査ではいろいろなことがチェックされます。その一つが勤務状況です。年収や勤務先の情報だけでなく、どのくらいの勤続年数があるのかということも審査されます。勤続年数が長いと安定した収入がありますので、より返済能力が高いと見なされますので、カードローン審査に有利に働きます。逆に勤続年数が短すぎると、果たしてその仕事を続けていくのかどうかという点で不安が残り、審査ではマイナスポイントとなります。

特にアルバイトやパートタイムの仕事では、非正規雇用ということもあって元々雇用が不安定ですので、勤続年数が短いと審査に通らないこともあります。それぞれのカードローン会社によって異なりますが、基本的には6か月未満の勤続だと審査に通らないことが多くなるでしょう。もし、アルバイトやパートであれば、少なくてもそのくらいの期間が経ってから申し込むようにしてください。銀行系のカードローンであれば、1年以上経過していることが望ましいでしょう。もちろん、融資額が大きいタイプのローンであれば、さらに勤続年数が長い方がベターとなります。

【転職を繰り返している場合はそれほど問題がないことも多い】
勤続年数は通常、現在勤めている企業に何年いるかという観点で見られます。中には、転職を何回して勤続年数が短いという人もいます。今のところどの会社に勤めているかということによっても違いますが、この場合はさほど問題がないケースが多いと言えるでしょう。もし、転職したばかりで勤続数か月程度しか経っていないようであれば、申し込みの際に、転職をしたばかりで今まではどこに何年勤めていたという情報を添付すれば考慮してくれることがあります。

無職の状態であったり、融資限度額が大きかったりする場合は、勤続年数が長めでないと審査で厳しく見られることもありますが、通常は正社員として勤務をしているのであれば、さほど問題にならないことが多くなっています。勤務を始めてから少なくても1年ほどが経っていれば、どこのカードローン会社でも問題なしとして審査に通すことがほとんどですので心配する必要はありません。むしろ、今までのローン利用歴などの信用状況や、現在の借り入れ状況などが大きな影響を与えることが多いので、ローン返済をきちんとしているかを確認することの方が大事です。また、消費者金融ごとに基準は異なりますので、もし一つのところで落ちてしまっても、他のところで申し込むことができます。