カードローンとクレジットカードの違いとは?

【新たに申し込みが必要なカードローン】
現金をすぐに借りられるサービスとしては、クレジットカードやカードローンが一般的です。クレジットカードは多くの場合、ショッピング機能と共にキャッシング枠が付帯されていますので、カードさえ持っていれば、特に新たな申し込み手続きなどをしなくてもお金を借りられます。一方で、カードローンの場合は消費者金融や銀行など、それぞれのカードローン会社で申し込みをして審査に通って初めて利用できます。とはいえ、申し込みはとても簡単ですし、スムーズに手続きが行けばその日のうちに現金を借りられることもあります。

【返済方法に違いが見られる】
クレジットカードとカードローンの違いで大きなものは、その支払い方法です。クレジットカードの場合は、基本的には一括払いとなります。そのため、現金を借りた翌月もしくは翌々月にまとめて支払う必要があります。一方でカードローンはリボルビング払いという方法で、毎月決まった額の返済を続けていき、その支払い額は低めに設定されていますので、支払いの負担が小さいというメリットがあります。また、全体的にクレジットカードよりもカードローンの方が金利が低めという違いもあります。