カードローンの仕組みとは?

【カードを使っていつでも現金の引き出しができる】
カードローンは、その名称のとおり、申し込みをして審査に通ると専用のカードが発行され、そのカードを使って現金を借りるという仕組みになっています。お金を借りられるところは、それぞれのカードローン会社や銀行の専用もしくは提携ATMがメインです。その他に、会社によってコンビニATMが使えることもありますし、銀行に直接振り込みをしてくれることもあります。返済もカードを使ってATMで支払いをしたり、口座引き落としや振り込みなどの手段を採ったりできます。

【融資限度額内であれば何回も借りられるのが大きな特徴】
カードローンの仕組みの中で最も大きな特徴は、融資限度額というものが決められるということです。これは一度限りの融資最大額ではなく、トータルでこの額を超えなければ、何回でも借りられます。つまり、50万円の限度額設定となっている場合、20万円の現金を引き出しても、その後30万円を新たに借りることが可能です。また、50万円フルで借りたとしても10万円の返済が済んだら、また10万円を新たに借りることができます。上手にやりくりすると、かなりの資金調達ができるのでとても便利です。