総量規制外となるカードローンとは?

【そもそも総量規制とは?】
総量規制とは、返済能力を超えてまで債務を負わないようにするための制度です。具体的には、年収の3分の1以上はローンを組めないというもので、年収が300万円の人であれば、100万円までが借入できる限度となります。これは一社での融資のことではなく、すべてのローンを合わせた額です。つまり、300万円の年収の人はA社とB社で40万円ずつ、合わせてすでに80万円借りているのであれば、C社からは20万円しか借りられないことになります。

【総量規制が適用されるのは消費者金融だけ】
この制度が適用されるのは、実は消費者金融だけです。そのため、銀行系のカードローンは総量規制外となります。総量規制外となるということは、年収に関係なく額が決められるということです。そのため、もしよりたくさんの融資を受けたいと思っているのであれば、消費者金融ではなく銀行が提供しているカードローンを利用するのがベストということになるでしょう。もちろん、総量規制外といってもいくらでも借りられるというわけではなく、銀行が定めている基準に基づいて審査がなされ、融資限度額が個々で決定されることになりますので注意が必要です。